海外 人身売買

海外の人身売買について

人身売買とは、金銭の代わりに人間を売買する方法で、今昔共存在します。今、この人身売買が問題になっています。

■人身売買の割合は?
人身売買の3分の1は、子供で7割が女性です。
成人より子供のが抵抗されても、力で抑えられますし、女性のが抵抗されにくいのが理由のようです。

■今問題になっているイスラム国の人身売買
イスラム国の動向が、我が国でも話題になっていますが、近年のイスラム国は、TwitterやFacebookなどを用いて勧誘をします。
無気力に生活をしている方や、生活に楽しさを見出せない方々が世界各国から、戦闘員として志願していると言います。
しかし、戦闘員として志願してイスラム国に向かったとしても、自爆テロか人身売買、人質として捉えられるかです。
何故なら、世界各国から志願したとしても、世界各国の言語や文化に壁があり、人の死に容赦ないイスラム国は、捨て駒として利用をします。

■イスラム国の人身売買
イスラム国では、人身売買も行われています。侵略した地域の女性や子供を捉えて、人身売買に利用しています。
10歳も満たない幼い子供が食事も水分も摂取出来ない状態で売られますから、まともな思考が出来ず、自殺も逃げ出す事もできません。


また、女性は、イスラム国の戦闘員に強姦され、イスラム国の性欲の捌け口にされます。イスラム国の人身売買は、国連でも問題視されています。

■日本から海外へ人身売買されることもある?
近年では、海外からの人身売買だけでなく、日本から海外へ人身売買されるケースが目立つ様になりました。
日本人は礼儀正しく、身嗜みもキチンとしてますから、闇マーケットでは人気です。
以前は、風俗関連の女性が目立ちましたが、近年では他職種の女性も目立つ様になりました。

■まとめ
奴隷や人身売買は、発展途上国だけでなく、世界各国で問題視されています。私達も人身売買は他人事ではなく、身近なものと認識すべきと思います。